GASでGA4のデータを自動取得・蓄積する方法

Google Apps Script(GAS)からBigQueryの連携が簡単に

最近、GASのライブラリに「Google Analytics Data API」というサービスが追加されました。
現在はベータ版の状態ではありますが、GA4のデータをGASを利用して取得することができるサービス連携となっており、以前まで構築が難しかったGA4レポートの自動更新を行えるものとなっています。
これにより、GA4移行への障害が一つ改善されるとは思いますが、GA4ではデータの最長保持期間が14ヶ月となっているため、取得したレポートを蓄積する先が必要となる場合が多いのではないかと思います。
本記事ではGASで取得したGA4のデータをGCPのサービスの一つであるBigQueryに蓄積する構築の手順をご紹介します。

システム構成・実行概要

  1. 取得データの指定
    1. 今回新しく追加された「Google Analytics Data API」を利用して日別・ランディングページ別のユーザー数データを取得します。
  1. 結果を受信
    1. 返却されたデータを整形します。
  1. 結果を貼り付け
    1. SpreadSheetへ書き込みます。
  1. 外部テーブル読み込み
    1. 外部テーブルとして設定したSpreadSheetからデータを取得します。
  1. 蓄積
    1. テーブルから取得したデータを取得します。

作業手順

前提・準備

👉
SpreadSheet、GA4、BigQueryの3つを同じユーザーで参照できる状態とします。また、BigQueryとGA4についてはアカウントを取得し、一通りの設定は終わっているものとします。
 

1.取得データの指定 ~ 3.結果の貼り付け

スプレッドシートの準備

👉
シート名をGA4Dataとしたシートを用意します
👉
開かれたページでサービスの追加ボタンを押します。
👉
Analytics Data APIを追加します。

スクリプトの作成

Googleのリファレンスを参考に作成します。
👉
コード.jsを以下のコードに書き換えて、propertyIdをGA4のプロパティIDに変更します。
JavaScript
👉
GA4Dataのシートに過去7日間のデータが保管されます。

4.外部テーブル読み込み ~ 5.蓄積

まずは先ほどのスプレッドシートをBigQuery側から外部テーブルとして読み込めるように設定します。
👉
プロジェクトにデータ保管用のデータセットを作成します。
👉
データセット名はGA4_testとしています
👉
テーブルの作成元をドライブとして設定を進めると外部テーブルとして設定でき、SpreadSheetの内容をテーブルとして取り扱うことができます。
👉
外部テーブルになりました。
このままではスプレッドシートの中身が変わるたびにデータが変わってしまうのでデータを貯蓄するテーブルを作成します。 Accumulationの文字を取って接頭文字をAにしてA_GA4DATAとしましょう。 少し楽をするために外部テーブルとして作成したT_GA4DATAにスクリプトを実行することで新しいテーブルを作成してしまいましょう。
👉
新しいタブでクエリを開いてください
👉
SELECTとFROMの間に*(アスタリスク)を入れて、LIMIT句を削除します。
👉
展開⇒クエリの設定を押します。
👉
保存後に先ほどのSQLを実行することで新しくA_GA4DATAのテーブルが作成されました。
これから蓄積するためのスクリプトを設定するのですが、蓄積作業は蓄積用のテーブルであるA_GA4DATAを削除しながらSpreadSheetの内容を追加する方式とします。
このことにより最新の内容であるSpreadSheetの内容が反映されるのに加えて、スクリプトとしての冪等性を担保しやすくなります。(冪等性の重要性についてはまた記事にします。)
重複期間のデータを削除するので仮にT_GA4DATA側に何らかの間違いが発生しても、修正してスクリプトを再実行すれば問題ありません。
重複期間のデータを削除するので仮にT_GA4DATA側に何らかの間違いが発生しても、修正してスクリプトを再実行すれば問題ありません。
削除スクリプト(********はプロジェクト名に書き換えてください)
SQL
データ挿入スクリプト
SQL
上記の2スクリプトを実行すれば問題ありません。

スケジューリング

GASの実行

👉
トリガーを選択して
👉
トリガーを追加を押す。
 
👉
午前2時~3時の実行としました。

SQLの定期実行

👉
削除スクリプトに対してスケジュールボタンを押す。
👉
SpreadSheetの更新が3時までなのでこちらのスクリプトは4時に流すことにしました。
👉
データ挿入のスクリプトも同様にして4時半に設定しました。
 
エラー検知などまだまだやるべきことはありますが、一旦これでSpreadSheetもSQLも自動実行されてデータが蓄積されることになります。

おわりに

今回、追加されたGoogle Analytics Data APIによって、GA4移行への障害の一つであったレポートの自動更新の構築がしやすくなりました。GA4ではデータの最長保持期間が14ヶ月ですが、ここで紹介した方法でBigQueryにデータを蓄積することでその問題にも対応ができるので、ぜひ参考にしていただければと思います!
オーリーズではユニバーサルアナリティクスからGA4への移管のご依頼も受け付けております。ご検討の際は、ぜひお問い合わせ欄よりご連絡ください。

\ SHARE ON /
👥メンバー情報