トラブルやアイディアの「種」を拾うために、私がチームで取り組んでいること

公開日
2022/03/25
更新日
2022/03/25
情報種別
手段や方法の説明
notion image
過去に、私の担当する支援で広告配信に関するミスが発生しました。作業者は別のメンバーだったため、私はそれに気づくことができず、クライアントへの報告が遅れてしまいました。
作業にあたったメンバーに、ミスがチーム内で共有されなかった背景を聞くと、
😓
明確なミスとして認識できていたわけではないが、頭の片隅でぼんやりと気になっていたことではあった。特に報告しづらかったという訳ではないけれど、デイリーMTGの際に言う機会がなく、伝えそびれることを繰り返すうちに、そのこと自体を忘れてしまった。
とのことでした。
この経験から、私が学んだことをシェアします!
link image

取り組んだこと

この経験から、自分自身の振る舞いとチームの運営方法について、以下の課題があると考えました。
  • 報告をためらってしまうような関係性を築いていたこと
  • 言いにくいことを口に出せる仕組みがなかったこと
  • トラブルを検知した際の行動ルールを周知できていなかったこと
これを解決するために、毎日開催しているショートMTGで、私からメンバーに投げかける質問を「心に引っかかっていることはないですか?」というもの変えてみました。
すると、これまで検知できていなかったトラブルの種だけでなく、ポジティブな情報やアイディアも出てくるようになり、さらには「メンバーがいま考えていること(仮説だったり、悩みだったり)」という、主観的な情報が共有されるようになりました。
これまで私がメンバーからうまく情報を引き出すことができなかったのは、相手に「私(=筆者)にとって必要な情報は何か?」という客観的な視点を持たせてしまっていたからだと思います。
主観的な情報を共有してもらうことは、トラブルの検知といった合理的な効果だけでなく、プロジェクトを一緒に進めていくメンバーが、どんなことに楽しさを感じ、何をモチベーションとしているのか、といったことを知ることのできる効果もあります。
これ以来、私は、良かったことや課題、困っていること、自分のコンディションなどの情報を共有してもらうために、相手が「話をしたくなる言葉」をMTGに盛り込むようにしました。
具体的には、以下のような言葉がけを心がけています。
  • なにか面白かったことはありますか?
  • 難しいと感じたことはありますか?
  • 上手くできたから思わず人に共有したくなることはありますか?
  • 心に引っかかっていることはありますか?
  • (相手のコンディションを見ながら) ダメそう?できなさそう?
質問の言葉を少し変えただけですが、チームメンバーでたくさんの情報が共有されるようになった実感があります。
この経験がみなさんのチームビルディングの参考になればい幸いです!

link image
\ SHARE ON /
👥メンバー情報