【Google 広告】レスポンシブ検索広告で広告カスタマイザを利用する方法(一括設定)

ポイント

  • 公式ヘルプでは説明されていないが、「設定する値(≠属性)」を一括でアップロード可能
  • データフィードにアップロードした従来の広告カスタマイザは、RSAでは使えない

基本手順

まず、これまでのフィードを用いた形式では、RSAに広告カスタマイザを利用することはできません。利用しようとすると、以下のようなエラーが出ます。
notion image
RSAの広告カスタマイザは、以下の手順で作成する必要があります。
  1. ビジネスデータを開く
  1. 広告カスタマイザを作成する(広告属性を定義する)
  1. 属性の詳細を入力する(適切なレベルに値を割り当てる)
  1. レスポンシブ検索広告に広告カスタマイザを挿入する
順を追ってご説明します。

1.ビジネスデータを開く

上記1,2は、公式ヘルプページを参考に作業を進めます。
  • 公式ヘルプページより
notion image
  • 設定 > ビジネスデータ > 広告カスタマイザ属性
notion image
 

2.広告カスタマイザを作成する(広告属性を定義する)

  • 公式ヘルプページ
notion image
notion image
このページで広告属性の定義を行います。
「カスタマイザで何の値を表示するか」の設定になりますが、RSAの広告カスタマイザにおいて表示できる値(データ)の種類は、テキスト」「価格」「数値」「割合」の4種類になります。
今回は、「従来の広告で使用可能な広告カスタマイザで、過去の使用頻度が高かったと思われるキーワード毎に表示するテキストを変える」ことを目的とします。
そのため、属性に「Title」という名前をつけ、種類は「テキスト」で属性を追加しました。

3.属性の詳細を入力する(適切なレベルに値を割り当てる)

ここからが公式ヘルプページに書いていない内容になります。
同様の説明をしてくださっている記事があり、こちらの内容を参考に作業をしてみました。ただ、ちょっとうまくいかなかった箇所があったので、その内容を補いながらご説明します。
  • 参考にした記事
まず、Google広告のヘルプでは以下のような記載がされています。この方法だとキーワード毎に表記を出し分ける場合、管理画面上でキーワード毎に、1つずつポチポチクリックして設定をしなければなりません。
notion image
notion image
notion image
表示項目から広告カスタマイザ属性を表示し、KW毎に表示された列で「編集 > カスタム値を使用する」で、そのKWで表示したい文字列を入力することで、「属性の詳細を入力する」ことができます。
これでは手間がかかって仕方がないので、Excelファイルで一括設定をする方法があります。
notion image
今回の場合に必要な情報は、
  • Campaign ID(表示項目の変更から選択し表示可能)
  • Campaign
  • Ad Group
  • Keyword(※)
  • Customizer:属性名(属性名の部分は属性名を入れる。例:上図の赤字)
の5点。
※通常は入稿済のKWをターゲットKWとして入れると思いますが、ここに未入稿のKWを入れるとそのKWが新たに追加されます。
このファイルを「ツールと設定 > アップロード」からアップロードします。
notion image
notion image
  • ソース:ファイルをアップロード
  • 適用:このアカウント
にしてプレビューで確認し、適用。
notion image
適用が完了すると、管理画面でも、キーワード毎に指定した属性の列に値が設定されていることを確認できます。

4.レスポンシブ検索広告に広告カスタマイザを挿入する

あとはレスポンシブ検索広告に値を入れる構文を入力するだけです。
構文は {CUSTOMIZER.属性名:デフォルトのテキスト}
もしくは、{ を入力すると4つの選択肢が出てくるので「広告カスタマイザ」を選択。属性を選択し、デフォルトのテキストを入力し、適用で入力することも可能です。
notion image
notion image
以上、設定作業の参考になれば幸いです。

link image
\ SHARE ON /
👥メンバー情報