【Google 広告】オーディエンスマネージャーで特定のアカウントのみデータを共有する方法

公開日
2022/02/11
更新日
2022/02/11
情報種別
手段や方法の説明
notion image
Google 広告ではクライアントセンター(以下、MCC)を通じて、Google広告で管理できるオーディエンス情報を、MCCに紐づくアカウントを共有することができます
この記事では、「MCCに紐づくアカウントの中でも特定のアカウントだけデータを共有する方法」について記載します。
link image

手順

1. MCCの「オーディエンスの継続的な共有」をオフにする

ここがONになている場合、MCCに連携されたすべてのサブアカウントのデータが、MCCを介して自動的に共有されます。
今回は「特定のアカウントだけデータを共有する方法」なので、設定をOFFにします。
notion image

2.データを共有したいサブアカウントのみ、「オーディエンスマネージャーアカウント」にてMCCを指定する

MCCの「サブアカウントの設定」箇所で、サブアカウントごとにオーディエンスを共有するアカウントを指定することができます。
notion image

3. (2)で設定したサブアカウント入り、オーディエンスマネージャーから「セグメントの共有」をオンにする

(2)はサブアカウントにデータを共有するアカウントを指定したに過ぎませんので、次に、当該サブアカウントに入ってデータを共有する許可をします。
notion image
設定は以上です。

背景

上述のとおり、MCCアカウントの「オーディエンスの継続的な共有」をオンにすると、「セグメントを共有する」をオンにしたサブアカウントのオーディエンスが、同一MCC配下の全てのアカウントで共有されます。状況によってはそれが好ましくないケースもありますので、上記の通り、特定のアカウントのデータのみ共有する方法を整理しました。

補足

例えば、新たにオーディエンスを共有をしたい「アカウントA」が発生し、同じMCCに対して上記の設定をすると(「セグメントを共有する」をONにすると)、当然ですが、既にオーディエンス共有を許可している既存アカウントと「アカウントA」のデータは共有されます。
もし、それらを独立して扱いたい場合は、それぞれオーディエンス共有用のMCCアカウントを新たに用意する必要があります。

link image
\ SHARE ON /
👥メンバー情報