【Google Analytics】同一人物による複数コンバージョンをユニークにカウントする方法

公開日
2022/03/28
更新日
2022/03/28
情報種別
手段や方法の説明
notion image
例えば、以下の環境で広告運用をしていたとします。
  • KPI:顧客リード数
  • リードの発生源:①お問い合わせフォームの送信、②e-Bookのダウンロード
さらに、この「リードの発生源」について、それぞれ複数の種類が存在していたとします。例えば、①は2つ、②は5つといった形です。
このような環境では、「一人のユーザーが複数のCVアクションをする」可能性が高くなり、「広告CV数と顧客リード数が乖離してしまう」ことが起こります。
この対策についてのアイディアを共有します!
link image

課題

私の担当する支援では、上述の通り、一人のユーザーが複数のCVアクションしうるため、「CV数≠顧客リード数」になってしまう状況でした。
具体的には、あるユーザーが広告を経由して①②をそれぞれ1回ずつおこなったとき、広告CVは「2件」として計上されます。しかし、顧客リードとしては1件分の価値しかありませんので、KPIに対して、広告の正確な評価ができていませんでした。(ちなみに、広告効果計測はGoogle Analyticsを利用しています)

補足

さらに、サンクスページのURLのルールが統一されていなかったことから、GAで「ユニークなユーザー」の数だけを抽出することはできませんでした。また、クライアントはMAツールを導入していたものの、計測環境が整っていなかったことから、それらの情報を使って広告を評価することも難しい状況にありました。

取り組んだこと

GTMで以下の設定をおこないました。
  1. GAでCVが発生した際に発火するトリガーを作成
  1. が発生した際に、CVイベントと「ユーザー識別ID」を合わせて送信するタグを作成(以下キャプチャの「ラベル」という項目)
notion image

結果

発生したCVに対し「ユーザー識別ID」のユニークな数をカウントすることで、「CV数=顧客リード数」として集計することが可能になりました。

注意点

「ユーザー識別ID」はセッション毎に更新されるので、一度セッションを離脱したユーザーが再度CVアクションを起こすと、実質的な顧客リード1件に対してCVが2件に計上されることになります。このようなケースは多くはないかと思いますが、考慮しておく必要があります。
以上、参考になれば幸いです!

link image
\ SHARE ON /
👥メンバー情報